「ダウェイ開発地」へ初の調査団派遣
ミャンマービジネス事業化調査団
~注目されるダウェイ開発地調査とミャンマービジネス具体化への展開~

時期:2013年7月29日(月)~8月3日(土)<4泊6日間>
訪問予定都市:ミャンマー(ヤンゴン・ダウェイ)
 
 調査概要

 

国際的に投資熱が高まっているミャンマー。世界中の企業が、その巨大市場を狙って進出し始めている。これによってミャンマー経済が上り調子にあるものの、一方では道路や鉄道、港湾、電力、通信などのインフラ整備は喫緊の課題となっています。

また、ミャンマーのテイン・セイン政権が外資誘致の柱として各地で進める経済特区(SEZ)開発計画が、新たな動きを見せております。

ヤンゴン近郊の「ティラワSEZ開発地」は日本も共同で開発を進めることとなりましたが、この動きと並行して、インドシナ半島の拠点都市を貫く南部経済回廊の最終地点であり、深海港を備えた大規模SEZ開発が期待される「ダウェイSEZ開発」についても日本の開発への参加の可能性が出てきており、益々注目されております。

まさにこうした動きの中でこの「ティラワSEZ開発地」とさらに「ダウェイSEZ開発地」も視察する調査団を企画致しました。さらに、今回は、現地において具体的にビジネスを進める中での生の情報提供と、ビジネスマッチングのお手伝いもさせていただきます。

盛りだくさんの内容を効率よく視察調査出来る内容となっております。奮ってご参加いただければ幸いです。

myanma-myanma-map(japanese)

 ●調査目的
   ①インドシナ半島の重点地区として期待が高まる「ダウェイSEZ開発地」の現状調査と周辺でのビジネス
          チャンスを探る。

   ②ヤンゴン周辺で「ティラワSEZ開発地」を始めとしたインフラ状況の調査と有望業種での参入の為の
          情報収集を行ないます。

   ③現地にて要人とのミーティング、関連先調査、ビジネスマッチング等により具体的なビジネス展開を図る。
 ●2つのSEZ経済特区について
   <ダウェイ経済特区>
   ミャンマーのテイン・セイン大統領とタイのインラック首相との会談によりSEZ開発をミャンマー、タイと日本、
      さらに1か国の計4か国の参加で検討することとなりました。アンダマン海に面した港湾都市で、隣のタイの
      バンコクまで幹線道路や鉄道が繋がる予定になっており、これが「南部経済回廊」と呼ばれる経済圏の
      ミャンマー側の入り口となるのです。
      また、まだまだ知られておりませんが、ダウェイ周辺では多くのローカルミャンマー企業が、日本との取引を
      望んでおります。今後ヤンゴンだけでなく、このダウェイへの進出や投資の目が向けられるのは間違いない
      と言われております。

   <ティラワ経済特区>
   ヤンゴン市の南方にあり、ティラワ港と隣接。工業団地として開発予定で、2,400haの規模。
       開発は円借款債務延期問題の解決で一気に動き出す雰囲気です。2015年には一部開業と言われています。
       25年ぶりのODA開始で一気に活性化しています。

 

■スケジュール
No 日付 都市 時間 交通 内容 食事

1
2013年
7月29日
(月)

 東京(成田)発
 ヤンゴン着


午前
夕刻

航空機
専用車

 空路、アジア主要都市にて乗り継ぎ、ヤンゴンへ
 着後、ホテルへ
【ヤンゴン泊】



2

7月30日
(火)

 ヤンゴン発
 ダウェイ着


早朝
午前

航空機
専用車

 空路、ダウェイへ
 着後、ホテルへ
 ~ダウェイSEZ開発地の現状と将来計画~
 ■地元政府機関とのミーティング及び計画地調査
 ~関連ビジネスの可能性調査~
 ■日系企業・現地企業関係者とのミーティング
【ダウェイ泊】




3

7月31日
(水)

 ダウェイ周辺

 ダウェイ発
 ヤンゴン着



午後
午後

専用車

航空機
専用車

 出発まで、業務視察
  ■現地不動産事情視察
 空路、ヤンゴンへ
 着後、業務視察
  ■JETRO、ミャンマー建設協会など
【ヤンゴン泊】




4

8月1日 
(木)

 ヤンゴン周辺




 







専用車






 終日:業務視察
 ~ミャンマービジネス事業化動向調査~
  ■現地コンサルタントとのミーティング & セミナー
  ■ミャンマービジネス成功者とのミーティング&セミナー(講演者調整中)
 ~インフラ事情調査と進出企業実態調査~
  ■ティラワSEZ開発地視察及び現地不動産会社訪問
  ■関連企業訪問
【ヤンゴン泊】




5

8月2日
(金)

 ヤンゴン周辺

 ヤンゴン発



夕刻

専用車

航空機
 
 出発まで、業務視察
  ■関連企業訪問
 空路、アジア主要都市にて乗り継ぎ、帰国の途へ
【機中泊】




6

8月3日
(土)

 東京(成田)着

早朝




 通関後、解散

 

利用予定航空会社:ベトナム航空、タイ航空、全日空など
※上記スケジュールは訪問先等の都合により変更となる場合もございます。予めご了承ください。

【企画協力】 一般社団法人 ミャンマー・ダウェイ文化経済開発協議会

応募要項

視察企画 :株式会社コラボレート研究所
旅行企画・実施 株式会社サンワールドツアーズ
 <観光庁長官登録旅行業 第977号/JATAボンド保証会員>
 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-49-7
旅行代金 :¥425,000.-
 ※成田空港施設使用料、燃油特別付加運賃、航空保険料、
  現地空港税(目安額:30,000円程度 )が別途必要となります。
航空座席 :エコノミークラス
利用航空会社 :ベトナム航空、タイ航空、全日空など予定
基本宿泊形態 :1名様1部屋料金を基本
食事条件 :朝食4回、昼食3回、夕食4回
添乗員有無 :同行あり
最少催行人員 :10名
募集人数 :15名

旅行手配・お問い合わせ先
株式会社コラボレート研究所
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町一丁目8番地4号 東商共同ビル7階
Tel:03-5847-8970 Fax:03-5847-8971

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡し致します、事前にご確認の上お申し込み下さい。
※このツアーは株式会社コラボレート研究所が受託販売するものです。

 

shiryo01 mosikomi01